シアリスとメガリスの価格比較一覧表

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
シアリス 1,824円 18,240円 218,880円
メガリス 406円 4,060円 48,720円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のシアリスと後発医薬品のメガリスの価格差は、約4倍と大きな開きがあります(※月間費用と年間費用は月に10回都度1錠を服用したとして計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品の「メガリス」を選択したいところです。以下に、実際にメガリスを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

メガリスの効果や副作用についての使用体験談

カマグラゴールドを飲むと副作用がひどかったので、メガリスを購入してみました。副作用はそれほど強くなく、持続性も十分すぎるほど。夜に飲むと2日間は朝立ちしていました。食事の制限がないところも気に行っています。リピ買いですね。(39歳・男性)

メガリスを飲み始めてからは、刺激を受ければいつでもビンビンに太く硬くなります。それから1週間経ちましたが、メガリスを飲まなくてもその太さと硬さは持続しています。自信がついたんでしょうか?感謝しています。(43歳・男性)

週末の旅行のときなど、いつその時が来てもいいように、飲んでから出かけています。錠剤を持っているのを見られても嫌ですしね。おかげさまで、とても楽しいウィークエンドを過ごしています。ウィークエンドピルとして今後もお世話になります。(42歳・男性)

「安い!」だけでメガリスを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるメガリスを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてメガリスを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。

シアリスとメガリスについての基礎知識

シアリスもメガリスもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のシアリスとは?

シリアスは、アメリカEli Lilly社と、ICOS社が共同出資したLilly ICOS社から発売されたED治療薬で、日本でも承認されている医薬品です。バイアグラ、レビトラなどに続いて、3種類目の治療薬です。シリアスの特徴は、36時間持続するということです。そのため、服用のタイミングをいちいち計算しなくても済みます。また、副作用が比較的少ないので、バイアグラよりも服用しやすいと、愛用者も増えてきています。有効成分のタダラフィルは、EDの原因と考えられているポスホジエステラーゼ5という酵素を抑制するもので、この点ではバイアグラと同様ですが、さらに選択性が高く、酵素の中でも特に勃起障害に関わるものを中心に抑制します。また、食事やアルコールによる影響を受けづらいので、食事も楽しみながら、効果を発揮することができます。

後発医薬品のメガリスとは?

メガリスは3大ED治療薬であるシリアスのジェネリック医療品です。インドに拠点を置きグローバルにジェネリック医療品の展開をしているMacleods社が製造・販売しています。日本の薬局では販売されていませんが、インターネットなどで安く購入することができます。有効成分はメガリスと同様「タダラフィル」で、バイアグラの主成分「シルデナフィル」や、レトビラの成分「バルデナフィル」よりも高い持続性を持っているのが特徴です。

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
シアリス 1,824円 18,240円 218,880円
メガリス 406円 4,060円 48,720円